1. HOME >
  2. 企業情報 >
  3. 名古屋高速の取り組み >
  4. 赤とんぼ橋について

赤とんぼ橋について

平成19年12月9日(日)に開通した高速6号清須線の庄内川に架かる赤とんぼ橋は、良好な都市景観の形成に貢献している工作物として、「第23回名古屋市都市景観賞(まちなみ部門)」を受賞しました。

赤とんぼ橋の概要について

橋の名前について

第23回名古屋市都市景観賞の受賞について

赤とんぼ橋の概要について

1.橋の概要
この橋は、名古屋高速道路の高速都心環状線と名古屋市周辺を走る東名阪自動車道の清洲JCTを結ぶ高速6号清須線のほぼ中央に位置し、名古屋市と清須市の間を流れる庄内川に架かる橋として建設され 、平成19年12月9日(日)に開通しました。高速道路を走ると赤いケーブルが目に入り、名古屋市内へのゲートブリッジとしての役割も持っています。
2.構造形式 
3径間連続PCエクストラドーズド橋
橋の長さ 294.3m
中央径間の長さ 122.3m
塔の高さ 16.5m
道路の幅員 19.0m
3.エクストラドーズド橋とは? 
1988年にフランスのエンジニアJ.Mathivatにより提唱され、日本では神奈川県で初めて建設されました。
塔の高さが低いので、お客様への圧迫感が少なく、経済性にも優れています。

橋の名前について

高速6号清須線が開通することを記念してこの橋の名前を募集し、皆様からいただいた多数の応募の中から「赤とんぼ橋(あかとんぼばし)」と決定しました。

1.橋の名前
赤とんぼ橋(あかとんぼばし)
2.選定理由
多数の同名応募作品のなかから、いつまでもみんなに親しまれ、愛され、素敵な、今回の募集した目的に最もふさわしい名前を「新しい橋梁名称選定委員会」において厳正な審議のうえ、選定しました。
選定された「赤とんぼ橋」は、橋全体のイメージと深く結びつき、みんなの心に響き、親しみがわき、末永く使っていただける名前です。

資 料(ポスター画像)PDF:139KB

第23回名古屋市都市景観賞の受賞について

平成19年12月9日(日)に開通した高速6号清須線の庄内川に架かる赤とんぼ橋は、良好な都市景観に貢献している工作物として、「第23回名古屋市都市景観賞(まちなみ部門)」を受賞しました。

1.都市景観賞選考委員長の講評(表彰作品集(名古屋市作成)より抜粋)
庄内川に架かる名古屋市高速6号清須線の橋で、赤く塗られたケーブル部分が赤とんぼの羽を連想するところから、多くの市民から寄せられた愛称です。橋の本体部分もスマートで、どこから見ても形が整っています。高速道路でこの橋を渡る際も、とんぼの羽ばたきに遭遇する感覚が味わえるから不思議です。無味乾燥な土木構造物が多いなか、愛称通りの親しみの持てる存在です。
2.表彰式について
平成22年2月12日(金)午後1時30分より、名古屋市公館において表彰式が行われ、名古屋市長から表彰状及び銘板が授与されました。

資料(都市景観賞作品集)PDF:15MB

●名古屋市都市景観賞については、こちらをご覧ください。

ページトップへ戻る

企業情報

名古屋高速携帯サイト

道路交通情報を携帯電話からご覧いただけます。

名古屋高速スマホサイト

道路交通情報をスマホからご覧いただけます。