• ホーム
  • 道路交通情報
  • 料金・所要時間検索
  • 名古屋高速ガイド
  • ETC・割引情報
  • 交通安全情報
  • 企業情報
  1. HOME >
  2. 企業情報 >
  3. 公社の取り組み >
  4. 渋滞対策の取り組み>
  5. 【錦橋出口】青信号時間の延長による対策効果

【錦橋出口】青信号時間の延長による対策効果

■信号1サイクル当たりの通行台数が5台増加(直進車3台増加、右折・Uターン車2台増加)。
■渋滞回数は7割減少(1.78回/日⇒ 0.61回/日)。
■渋滞時間は7割減少(173分/日⇒ 45分/日)。

対策概要

出口の信号を先頭とした渋滞が日常的に発生していることから、出口の青信号の時間を延長しました(平成26年1月22日16時から実施)。

青信号時間の変更内容
時間帯 青信号時間の延長
平日7:45~9:00 +8秒
全日15:00~19:00
その他 +3~4秒

<延長前後の通行台数>

通行台数の変化グラフ

<延長前後の渋滞状況>

日当たり渋滞回数と平均渋滞時間グラフ

※渋滞回数:出口に並ぶ車両が本線まで(約300m以上)滞留し、その状態が30分間以上継続した場合を1 回とする。

渋滞対策の取り組みに戻る

ページトップへ戻る

スマートフォンサイトを見る