• ホーム
  • 道路交通情報
  • 料金・所要時間検索
  • 名古屋高速ガイド
  • ETC・割引情報
  • 交通安全情報
  • 企業情報
  1. HOME >
  2. 企業情報 >
  3. 基本情報 >
  4. 公社案内 >
  5. 公社の概要

公社案内

公社の概要

名古屋高速道路公社は、名古屋市及びその周辺地域で都市高速道路を建設・管理することを目的に昭和45年9月24日、地方道路公社法に基づく全国初の公社として、愛知県と名古屋市の共同出資により設立されました。
昭和54年7月25日の高速3号大高線(高辻~大高間)10.9キロの最初の開通から、着実に路線を延伸し、平成25年11月23日の高速4号東海線(六番北~木場間)3.9キロの開通により、現行計画における名古屋高速道路全線81.2キロが開通いたしました。

設立 昭和45(1970)年9月24日
基本財産 3,179億6,300万円(平成30年5月31日現在)
本社住所 名古屋市北区清水四丁目17番30号
職員数 定員164名(平成30年4月1日現在)
事業内容 都市高速道路の建設・管理
関連街路の建設
高架下施設の建設・管理
道路に関する調査など
名古屋高速道路公社定款:150KB)
名古屋高速道路業務方法書:99.7KB)

公社役員

役員(平成30年4月1日現在)

理事長 永田 清(ながた きよし)
副理事長 平井 節生(ひらい せつお)
理事
(監査・総務・経営企画)
後藤 勝彦(ごとう かつひこ)
理事
(技術管理・交通管理・整備)
志水 公敏(しみず きみとし)
監事 三浦 孝司(みうら たかし)

公社概要書

公社案内2018年度

名古屋高速道路公社の業務内容をわかりやすく説明しています。

「公社案内2018年度」:10,279KB)

名古屋高速道路公社四十年史

名古屋高速道路公社は、平成22(2010)年9月に設立40周年を迎えたことを記念して「名古屋高速道路公社四十年史」を平成24年3月に発刊いたしました。
公社の事業、歴史をご理解いただくうえで参考となれば幸いです。

ページトップへ戻る

スマートフォン版を見る