1. HOME >
  2. 新着情報(平成28年度) >
  3. 南海トラフ地震を想定した防災訓練を実施しました

南海トラフ地震を想定した防災訓練を実施しました

8月31日(水)、南海トラフ地震を想定し、災害発生時の対応手順や役割を確認し、実効性の検証を行うとともに職員の防災意識の高揚と
知識の向上を図ることを目的とした防災訓練を行いました。

【訓練内容】
①災害対策本部運営訓練
災害対策本部の組織を運営し、被害状況の収集把握、点検・応急復旧の進捗管理、啓開のための指示及び対外的な情報発信を行いました。
②路下点検実働訓練
職員、協会及び維持業者が名古屋高速道路の高架下を実際に歩いて点検し、衛星携帯電話を使って災害対策本部に報告を行いました。
③非常用発電機始動訓練
災害対策本部を72時間運営させるための非常用発電機の始動訓練を行いました。
④道路啓開訓練
路面ジョイント部に開き及び段差が生じた場合に車両が通行できるようにする応急対策として、軽量渡し板の設置訓練を行いました。


 
【①災害対策本部運営訓練】 【②路下点検実働訓練】

【③非常用発電機始動訓練】

【④道路啓開訓練】






 

ページトップへ戻る

名古屋高速携帯サイト

道路交通情報を携帯電話からご覧いただけます。

名古屋高速スマホサイト

道路交通情報をスマホからご覧いただけます。