1. HOME >
  2. 新着情報(平成28年度) >
  3. 東山トンネル合同防災訓練を実施しました!!                    ~平成28年11月7日(月)~

東山トンネル合同防災訓練を実施しました!!                    ~平成28年11月7日(月)~


訓練は、トンネル内での車両火災に備えて、平成18年から毎年1回行っています。今年は、名古屋高速道路公社、名古屋市千種消防署、愛知県警察、名古屋市千種区医師会など総勢約70名が参加し、例年の訓練に加え、多数の負傷者が発生する集団災害に対する応急処置や病院搬送の訓練を行いました。
 
合同防災訓練を今後も継続して実施し、名古屋高速道路をご利用されるお客様に安全・安心・快適な道路サービスを提供できるよう努めてまいります。

訓練の流れ

 
         
交通事故発生・車線規制の実施

                                





○事故現場に到着した交通管理隊が、県警高速隊と連携して、安全確保のため車線規制を行います。
 

 
                  
                                                          
  
             
 火災発生・消火活動


                                 






○管理隊及び高速隊による初期消火活動を行うとともに、現場に到着した消防隊員により消火活動を行います。

 
                

 

                                                                  
  
            
負傷者の救出活動

                              




○消防隊員によりマイクロバスから負傷者が救出されます。
 

 
                

 

                                                                   
  
 

1次トリアージ実施


                                                                    







○救出した負傷者を消防隊員が1次トリアージします。

※負傷者を一時的に避難用通路など安全な場所に誘導し、1次トリアージを行います。
1次トリアージでは、負傷者の重症度に応じ
て簡単なふるい分けを行います。         
重症度別に色分けされたトリアージタッグと呼ばれるカードを手首に付け、重傷者から地上部へ搬送します。

 

 
                 

 

                                                                 
  
       
エアーテントの設営及び2次トリアージ実施


                                         





○重傷者から応急処置が実施され、救急車による搬送の準備をします。


 

 


     



 



○負傷者に救急シートを着用させるなどの応急処置を行います。

 

※トンネルから地上部の安全な場所へ誘導・搬送された負傷者に2次トリアージや応急処置が行われます。

2次トリアージでは医師会救護班や救急隊がより詳しく負傷者の観察を行い、病院への搬送の順位を決定します。

                                        
  
病院への搬送


                                          




○2次トリアージで決定した怪我人の優先順位と搬送先の病院の情報に基づき救急車で搬送されます。
 

 
 

 

 

 

ページトップへ戻る

名古屋高速携帯サイト

道路交通情報を携帯電話からご覧いただけます。

名古屋高速スマホサイト

道路交通情報をスマホからご覧いただけます。