1. HOME >
  2. 新着情報(平成29年度) >
  3. 逆走・誤進入対策への取り組み強化について~「逆走検知・警告システム」の試行運用を開始します~

逆走・誤進入対策への取り組み強化について~「逆走検知・警告システム」の試行運用を開始します~


車両の逆走や高速道路への自転車、歩行者の立ち入りは、重大な事故に繋がる危険性があることから、大きな社会問題となっています。名古屋高速道路公社では、高速出口に大型矢印等の路面標示や、進入禁止イラスト入り看板による視覚に訴える逆走、誤進入対策を実施してきました。
こうした中、新たに「逆走検知・警告システム」を導入し、試行運用を開始することとしましたのでお知らせします。
 
1.概 要
  「逆走検知・警告システム」により、高速出口からの逆走、誤進入事案を交通管制室で早期に発見し、愛知県警高速道路交通
 警察隊と連携して迅速に事案に対応することで、重大な事故を未然に防止します。

2.試行運用開始時期
  平成29年5月1日(月)

3.実施箇所
 (1)装置設置場所(3箇所)
    高速都心環状線 錦橋出口
    高速2号東山線 吹上東出口
    高速3号大高線 笠寺出口   
 (2)上記装置の管制センター
    名古屋高速道路公社 本社4階交通管制室




 

ページトップへ戻る

名古屋高速携帯サイト

道路交通情報を携帯電話からご覧いただけます。

名古屋高速スマホサイト

道路交通情報をスマホからご覧いただけます。