• ホーム
  • 道路交通情報
  • 料金・ルート検索 外部サイト(NEXCO中日本)
  • 名古屋高速ガイド
  • ETC・割引情報
  • 交通安全情報
  • 企業情報
  1. HOME >
  2. ETC・割引情報 >
  3. ETCガイド >
  4. ETC利用照会サービス

ETCガイド

ETC利用照会サービス

ETC無線通行時の、利用明細の確認や利用証明書の発行等が可能です。

ETC利用照会サービスhttps://www.etc-meisai.jp/

  • 名古屋高速の利用明細が表示されるのは、概ねご通行の4~5時間後となります。
  • 次の場合は、利用明細への反映が翌日以降になることがあります。
    • 出口等で、正常なETC無線通信ができなかった場合
    • システム障害が発生した場合
    • 「通行止め時の乗継措置」を実施した場合
    • 名古屋都心流入割引、名二環迂回料金が適用される場合
  • ETC迂回乗り継ぎの場合は、新たに料金は発生しませんので、
    ETC利用照会サービスの履歴には反映されません。

利用照会サービスにおける表示の変更について

中京圏の新たな料金体系への移行に伴い、利用照会サービスにおける表示が変更となりますのでお知らせします。この変更につきましては、令和3年5月1日(土)午前0時以降のご走行から反映されます。


1.車種表示について

車種区分の変更(2車種区分⇒5車種区分)に伴い、他の高速道路と同様に車種表示を以下のとおり変更します。




2.料金圏を連続走行した場合について

料金圏(名古屋線・尾北線)の廃止に伴い、名古屋線と尾北線を連続走行した場合の表示を「2明細」から「1明細」へ変更します。


【例】黒川⇒小牧南をご利用の場合






※料金圏の廃止後についても、本線上のETCアンテナ(楠JCT、清洲JCT)や本線料金所(星崎料金所、清須料金所、大山川料金所、千音寺料金所、高針料金所)においてETC無線通信を行いますので、入口から出口までETCカードを抜かないようにお願いします。
※正常な通信ができない場合、一時的に2明細の表示となる場合があります。


3.入口表示の変更について

以下の料金所をご利用した場合の入口表示を「料金所」から「流入入口」の名称へ変更します。

■該当料金所(本線料金所)
 星崎料金所、清須料金所、大山川料金所、千音寺料金所、高針料金所

【例1】大高⇒星崎料金所⇒東別院をご利用の場合







【例2】名二環(内回り) ⇒ 楠JCT ⇒ 大山川料金所 ⇒ 小牧南出口をご利用の場合





※利用照会サービスにおける出入口名称の一覧についてはこちら(PDF:1.12MB)をご覧ください。


【お願い】


※出口でETCカードが挿入されていない場合、ETC利用照会サービスを正常に利用できない場合があります。入口から出口までETCカードを挿入したままでお願いします。

ページトップへ戻る

スマートフォン版を見る