• ホーム
  • 道路交通情報
  • 料金・所要時間検索
  • 名古屋高速ガイド
  • ETC・割引情報
  • 交通安全情報
  • 企業情報
  1. HOME >
  2. 企業情報 >
  3. 名古屋高速の取り組み >
  4. 渋滞対策の取り組み

渋滞対策の取り組み

近年取り組んできた主な渋滞対策及びその効果を紹介します。
名古屋高速道路では、渋滞が著しい箇所に対して重点的に行うボトルネック対策、情報提供など、様々な渋滞対策を推進しています。

地図 小牧北出口 錦橋出口(青信号時間の延長) 錦橋出口(方向案内看板の設置) 丸田町JCT 高速3号大高線 明道町JCT~丸の内出口 経路比較所要時間の情報提供

<渋滞量*の推移>

*渋滞量・・・渋滞長(時速30km以下の区間長)と発生時間の積

・令和元年度の全線の平日平均渋滞量は、対前年度比16%増。
・高速11号小牧線は、名神高速道路耐震工事による国道41号終日車線規制の影響で一時的に増加。
・高速16号一宮線は、交通量の増加に伴い、渋滞が増加。
・高速都心環状線は、丸田町JCTにおける渋滞対策の効果がみられたが、依然として渋滞が顕著に残る状況。



渋滞量の推移グラフ

※渋滞量は自然渋滞のみを対象に算出
※全線における雪・リフレッシュ工事等による通行止めの日を除いた平日の平均値

ページトップへ戻る

スマートフォン版を見る