• ホーム
  • 道路交通情報
  • 料金・所要時間検索
  • 名古屋高速ガイド
  • ETC・割引情報
  • 交通安全情報
  • 企業情報
  1. HOME >
  2. 新着情報(2019年度) >
  3. 中京圏の新たな高速道路料金について

中京圏の新たな高速道路料金について

2020年3月31日
中日本高速道路株式会社
名古屋高速道路公社
中京圏の新たな高速道路料金について

中日本高速道路株式会社、名古屋高速道路公社は、高速道路の通行料金の変更について、道路整備特別措置法第3条及び第13条に基づき、2020年3月31日に国土交通大臣の事業許可及び料金認可を受けましたのでお知らせします。
これまで整備の経緯の違いなどから料金水準や車種区分等が異なっていた中京圏の高速道路(東海環状自動車道の内側)の料金体系について、対距離制を基本とした新たな料金体系に、名古屋第二環状自動車道(名古屋西JCT~飛島JCT間)の開通に合わせて移行します。
なお、新たな料金体系に移行するまでの間は、現行料金を継続します。

<新料金の概要>
(1)料金体系の整理・統一とネットワーク整備
「料金水準」:東海環状自動車道の整備の加速化、一宮JCT付近及び東名三好付近における渋滞解消のためのネットワーク拡充に必要な財源確保も考慮し、現行の高速自動車国道の大都市近郊区間の水準を基本とする対距離制を導入します。
「車種区分」:5車種区分に統一します。

(2)起終点を基本とした継ぎ目のない料金
交通需要の偏在を防ぐとともに、都心部周辺の環境改善を図るため、東海環状自動車道及び名古屋第二環状自動車道の利用が料金の面において不利にならないよう、経路によらず、起終点間の最短距離を基本とする料金とします。
また、都心部への分散流入に関して、交通分散の観点から、経路によらず、起終点間の最短距離を基本とする料金とします。

<現金でご利用のお客さまに対する車載器購入助成キャンペーン>
新たな料金体系への移行にあたり、現金でご利用のお客さま向けの車載器購入助成キャンペーンの実施を予定しています。詳細が決まりましたら改めてお知らせします。

(添付資料)
中京圏の新たな高速道路料金について
 

ページトップへ戻る

スマートフォン版を見る