• ホーム
  • 道路交通情報
  • 料金・所要時間検索
  • 名古屋高速ガイド
  • ETC・割引情報
  • 交通安全情報
  • 企業情報
  1. HOME >
  2. 交通安全情報 >
  3. 事故・故障・落下物の現状について

事故・故障・落下物の現状について(平成30年度)

平成30年度の名古屋高速道路の総通行台数は、約1億2,500万台であり、前年度に比べて、約250万台増加しました。これに対して、事故、故障車、落下物による交通事案発生件数は、以下に示すとおりです。

名古屋高速道路上において、これらの交通事案が発生した時は、道路情報板により情報を提供しております。発生場所付近に近づいたら、十分注意して走行して下さい。

1.事故件数

平成30年度の事故件数は953件(一日平均2.6件)で、平成29年度と比べて1件減少し横ばい傾向となっております。また、事故内容別では人身事故が74件(死亡事故は0件)、全体の約7.8%でした。

事故件数(月別)

2.故障車件数

平成30年度の故障車件数は、1,632件(一日平均約4.5件)で、平成29年度と比べ54件(約3.4%)の増加となっております。

車両故障件数(月別)

3.落下物件数

平成30年度の落下物件数は、8,622件(一日平均約24件)で、平成29年度と比べ1,332件(約13.4%)減少しました。
落下物内容別では、プラスチック類が4,680件で、全体の54.3%となっています。

落下物件数(月別)

ページトップへ戻る

スマートフォン版を見る